クリニック真健庵
ご予約・お問い合わせ TEL:03-6447-7818
TOP/ご利用案内当院のコンセプト院長挨拶交通アクセスお問い合わせ

がん遺伝子治療

遺伝子治療はがんのメカニズムの根本に働きかける治療です。正常細胞は傷付けることなく、がん細胞の変異・欠損した機能を回復する治療法なので、適応範囲が広くがんの予防やこれまでに適応とならなかった末期の患者様にも適応可能な治療として大きな期待を集めています。

がんは遺伝子の損傷によって起きる病気です。
遺伝子の正常な機能を回復し、がんの無限増殖を停止します。

細胞は細胞核の中にある遺伝子によって細胞の営みに必要な情報の全てがプログラムされ、適切にコントロールされています。 遺伝子には、「細胞を増殖させる遺伝子」「アポトーシス(細胞の自死)を起こす遺伝子」などがあり、これらが適切に働いているとがん細胞の増殖を抑えられた状態になります。
「細胞を増殖させる遺伝子」が損傷を受けると、必要以上の細胞増殖が促進され、がん細胞の増殖が助長されます。
また、「アポトーシスを起こす遺伝子」が損傷を受けると、がん化した細胞が「体の危機を感じて自死する」という機能が作動せず、がん細胞が消滅することができません。

    がん遺伝子治療では、
  1. がん細胞の増殖を促進している“がん遺伝子”の働きを抑えます。
  2. がん細胞の増殖を抑制する“がん抑制遺伝子”を導入しその機能を回復させます。

細胞の増殖のサイクルを止められたがん細胞では、本来細胞が持っているアポトーシスの仕組みが働き始め、結果として腫瘍が小さくなっていくことが期待されます。

治療は通院で行います。1クール8回〜12回程度が標準です。

がん遺伝子治療イメージ

\E₢킹 TEL:03-6447-7818

  • Zxr^~C_HÖ@


  • I]Ö@

  • ZxfҌÖ@


  • ewcz~VXÖ@

  • ŐV}CNEF[u񎡗


  • `q

  • }bT[WEMp POLSCHA


  • EсEсEэƎˋ@ HLT-ON

  • ggCIdqÊ EMM-ES-7000


  • ƉuƂ́H


インターネット診療予約はコチラ

診察日カレンダー

真健庵へのアクセス

真健庵地図

JR・京急品川駅高輪口より徒歩約10分 詳しくはこちらのページでご確認ください。

クリニック真健庵 facebook

クリニック真健庵 twitter

日本シーエイチシー株式会社


ページの先頭へ